西河技術経営塾 実践経営スクール・基礎コース 4期生

報告1 経営学は机上で修得し実践して身に付く

技術経営を学び実践する

スクール写真

前列左から西河洋一塾長、塾生の下井秀文ミッドランド社長、相見朝焼け統括部長、
中野匠実イーディアス営業統括、砂永HISCO社長、中野祝エイ・ワンプラス社長、
講師の小平和一朗。後ろ左から講師の杉本晴重、前田光幸、淺野昌宏、大橋克已。
(写真は10月12日実施の塾長特別講義)

9月7日、4期塾生5名が入塾した。
西河洋一塾長は塾生に挨拶で「『趣味は何ですか』と問われると『私の趣味は納税です』と答える。皆さん変な人間だと良く覚えてくれる。納税を趣味にするとは、今年より来年は多く税金を払うということ。それは会社が成長しないと、果たせない。
塾にきたので、皆さんもそういう趣味を持って欲しい。そして経営を一緒に学んで欲しい」と話す。

経済成長、起業家支援に取り組む

講師の小平和一朗はガイダンスで、財団設立の目的、塾の基本コンセプトと学習目標、財団の事業構成、基礎コースの構成などについて説明をした。
西河技術経営塾は9月7日に開塾し、合計32回翌年の5月末に修了の予定である。ほぼ毎水曜日に開催される。原則として、西河塾長をはじめ全員が受講し、受講生と共に考え意見を言い合い、議論する。まさに塾である。

技術経営学を学んで売上10倍

ガイダンスで話した要点を報告する。(図1参照)

図1

図1 西河技術経営塾ガイダンスのまとめ

(1)塾生のブランドづくり
ブランドを意識することで、特徴あるビジネスが出来る。改めて「自社の特徴」を考えて見たらどうかと指導する。ブランドは社長のものではない。社員全員がブランドを意識してはじめてブランド構築につながっていく。

(2)経営学はルールブック
経営学の中の技術経営を学ぶ。
モノづくりでも、コトづくりでも、その機能と性能を支えているのは技術である。
従って、技術をマネジメントする技術経営を学ぶ必要がある。
経営に取り組んだ経験から経営を学ぶことは出来ると考えているが、カットアンドトライの連続となる。ここでのルールブックとは経営のセオリーである。こうやれば良いという指針や規範など。

(3)現状のビジネスを10倍に
ビジネスを変えようとしたとき、経営を学んでないと、その手段は過去の経験からの思い付きとなる。現状のビジネスを10倍にしようとしたとき、社員の協力が必要となる。その時、「一生懸命やれ」だけでは改善の範囲である。
全従業員に目標と戦略と戦術を明らかにした上で、投資や人財育成等の計画立案となる。更に「貴社のビジネスの競合は」「競合との差別化は」と聞かれる。差別化を支える技術と、社員の力量が計画の実現を支える。また売上計画は、市場議論で終わらずに顧客名となる。塾ではここを学ぶ。
多くの日本の中小企業が、個人商店レベルの経営をしている。現状の社会変革を乗り越え会社を存続させるには塾での学びが役立つ。

【4期生の抱負、塾への期待】

中野 祝 株式会社 エイ・ワンプラス 代表取締役
中野 祝

株式会社 エイ・ワンプラス
代表取締役 中野 祝

成長のエンジン

起業して10年、自分の経験での経営に限界を感じ入塾した。
日々、目まぐるしく変化進歩する社会。その中でビジネスチャンスを掴むには、我流でなく、正しい経営技術を一から学び、消化・吸収し、身に付ける事が欠かせない。講義や講師および塾生とのディスカッション通じて、学習をし、西河塾を「成長のエンジン」として新世界に飛び出して行きたい。ダイバーシティー感覚を身に付けられるように、毎回の講義と演習に取り組み、学ぶ喜びを感じる自分に期待する。

株式会社 エイ・ワンプラス

快適住生活
安心して暮らせる喜び

会社紹介と事業コンセプト

分譲住宅会社のサービス会社として平成18年に設立しました。創業10年の会社です。
一次住宅取得向けに、新生活に必要な備品の提案・販売また、火災・地震保険等のサービスの提供が主な事業です。
「住」と言う人生の礎に関わるサービスに、日々問い続け「安心して暮らせる喜び」を感じて頂ける様商品開発・より良いサービスを目指しております。

株式会社 エイ・ワンプラス 代表取締役 中野 祝
TEL:042-451-8240 / http://aone-plus.com/

砂永 晃 株式会社HISCO 代表取締役
砂永 晃

株式会社HISCO
代表取締役 砂永 晃

儲かるビジネスを再構築

私の考えたビジネスモデルはすでに3年が経過した。講義を聞き、まずは発表をしてみたが「こんなことをやりたいというレベル」だった。まずはビジネスとして成り立つよう内容を精査する。より具体的な営業戦略を組み立て、高齢者社会に順応する儲かるビジネスを再構築すると共に、他社にはまねできないオリジナルサービスを提供して行きたい。毎回有意義な講義を聞き成長して行きたい。

株式会社HISCO

車椅子でも外出をあきらめない!

看護師とヘルパードライバー2名で移動をサポート
日用品の買取とリサイクルショップも運営

会社紹介と事業コンセプト

要介護5の方でも安心して外出できる、介護タクシーを利用した移動サポートを手掛けます。10人乗り介護特殊車両を2台所有。その中でも親戚の結婚式に参加する「ハッピーケア・ウェディング」とターミナルケアの方の「終末期旅行」にも対応いたします。出発前には、必ずご利用者様宅に訪問し、面談とカンファレンスを実施し、当日滞りないサービスを提供いたします。また地域包括ケアシステムの一環として、ご自宅の片付けにも対応。価値のある品物は買取もします。

株式会社HISCO 代表取締役 砂永 晃
TEL:042-455-1991 / http://www.hisco-care.info

中野 匠実 株式会社イーディアス 営業統括

株式会社イーディアス
営業統括 中野 匠実

思考と行動を同時進行で学ぶ

通信商材の代理店というモノがある状態での経営を経験し、今度は自身の「思い」をビジネスにさせ、利益を上げて社会に貢献するため経営の技術を基礎からしっかりと学びたいと考えている。
技術経営を実践に生かすことが、本を読むだけでは自分の見識での理解しか得られなかったが、多くの経験知を持つ先生方との問答の中で理解を深め、すぐにやってみることで腹に落とす結果につなげる、思考と行動ありきの環境で思いをビジネスとして具現化させたいと思っている。時間は平等に有限なので、最短最速で進める。

相見 祥真 株式会社 朝焼け 統括部長

株式会社 朝焼け
統括部長 相見 祥真

無知である自分と向かい合う

講義では先生方の体験談を聞いたり、演習では先生方からの指摘もある。その話や指摘は自身のためになると思うが、入塾したからには、先生方が塾生に対し「なぜ、その話をする必要があるのか」や「指摘されたポイントが、なぜ大切なのか」という事が自然と理解できるようになることで、自分自身の基礎的な力を向上させ、会社の運営へと役立てたい。講師の先生方という目の前の目標に向かい、無知である自分自身を少しでも高められるよう、積極的に多角的な意見を自身に取り込んでいきたい。

株式会社 朝焼け

「社会」と「障害」との掛け橋になる

会社紹介と事業コンセプト

障害者への訪問介護は一般的に「高齢者のついでに・・」という場合がほとんどです。朝焼けでは、職員が「障害」について理解することにより、仕事にやりがいを持ち、障害をお持ちの方と支援者が笑顔で接することにより、利用者様に対して質の高いサービス提供をすることはもちろん、私達の支援というフィルターを通して、「社会」と「障害をお持ちの方への理解」との架け橋を目指します。

株式会社 朝焼け 代表取締役社長 小泉 賢貴
TEL:03-6425-7991 / http://www.asayakenet.com

下井 秀文 株式会社ミッドランド 代表取締役

株式会社ミッドランド
代表取締役  下井 秀文

前途に光明を見出し得る塾

地道に学習を一歩一歩進めたいと考えている。学びを希求しながら、一方で忙しさにかまける自己にいい加減に待ったを掛けたい。
「技術」経営塾であることも意識したい。経営について、真摯なる姿勢で勉強する志ある者が、必ずや前途に光明を見出すことの出来得る塾であると信じている。

株式会社ミッドランド

不動産 買取ります

会社紹介と事業コンセプト

日本全国のアセットを仕入れ対象としている、青山一丁目にある不動産会社です。
リノベーションや開発を施し、バリューアップにより商品化した不動産を市場で売却しています。
既存の建物(マンション、戸建)がメインですが、取得した土地にアパートを開発する新規事業も柱の一つにしたいと考えています。

株式会社ミッドランド 代表取締役 下井 秀文
TEL:03-5775-630 / http://www.mdl.co.jp

ページの先頭へ戻る