技術経営人財育成セミナー(第25回)変革期のリーダーが学ぶことは何か

社長が学ぶホスピタリティの心

-女性幹部の視点からお伝えしたい女性社員の特性-

加地 照子(かち てるこ)

日時 2018年12月4日(火) 18:30〜20:00 (講演60分 討議30分他)
場所 一般財団法人アーネスト育成財団事務所内 アクセスへ
参加費 3,000円(終了後の懇親会費用を含む)
定員 最大18名(定員になり次第締め切ります)
申込方法 FAX 03-6276-2424 または Eメールoffice@eufd.orgにて
主催 一般財団法人アーネスト育成財団

講演PDF(案内)(979KB)

ホスピタリティの認識は、航空会社に勤務し、在仏中のフランスへの小旅行から始まりました。当時はそれが何なのかはわかりませんでした。後年、ホスピタリティ学の権威者である服部勝人氏の指導を受け、サービスとホスピタリティは違うこと、ホスピタリティを私は体感してきたことに気づいたのです。くわえて、ホスピタリティ論のほかに実行動に移すためには何が必要なのか悩みました。そんなときマーシャル・ゴールドスミス博士のエグゼクティブ・コーチング直伝コースを受講し、論とスキルを合わせ、他者とともに日々実行してこそ成果に至ることを実感したのです。
今はプロのコーチとしてグローバルに活躍する幹部層の育成と誕生を夢見て「戦略としてのホスピタリティ・リーダーシップ・コーチングUNIT」を提唱しています。
今回は女性幹部の視点から、自己の経験と特に次代を担う女性社員の特性および彼女達が学んでいるこのUNITの効果をお伝えしたいと思います。

【講師略歴】

加地 照子(かち てるこ) 氏

<略歴>

東京外国語大学フランス語科卒業、日本航空(株)入社。初代女性海外実習生としてパリ勤務。欧州勤務の後都内営業所長を経て中近東クウェート駐在。その後、世界各国社員の人材育成の企画に参画するとともに訓練に従事。女性活躍推進の全社的新規プロジェクトリーダーにもなる。

2003年 公益財団法人21世紀職業財団東京事務所長、本部事業部担当部長。
ホスピタリティ・マネジメント学にて修士号。

2010年 独立、BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ、日本ホスピタリティ・マネジメント学会 副会長、日本開発工学会会員。

ページの先頭へ戻る

技術経営人財育成セミナー